無料アクセス解析
無料アクセス解析 HOME 会員メニュー サイトマップ よくある質問

SEO対策講座 --HTMLタグの改善

Webサイトのテーマに沿ったキーワードの選定が終わったら、次はWebサイトのHTMLタグの改善を行います。

[1] titleタグ
非常に重要なタグで、目的のキーワードは必ずこのタグに含めるようにします。

【記述例】
<html>
<head>
<title>3939解析</title>
</head>
<body>
・・・
</body>
</html>

[2] metaタグ
metaタグのdescriptionは検索エンジンの検索結果にサイト名と一緒に表示される文章となります。ここに記述する文章によって、サイトに誘導できる数も違ってきます。
また、keywordsにはWebサイトのテーマに関するキーワードを半角カンマ区切りで記述します。

【記述例】
<html>
<head>
<meta name="description" content="ここにWebサイトの説明文を記述します。">
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3,キーワード4,キーワード5">
<title>3939解析</title>
</head>
<body>
・・・
</body>
</html>


[3] h1、h2、h3タグ
見出しとしての意味があるh1、h2、h3タグはtitleタグと並んでとても重要なタグとなります。
h1、h2、h3タグにうまくキーワードを埋め込んで記述すると良いかと思います。

【記述例】
<html>
<head>
<title>3939解析</title>
</head>
<body>
・・・
<h1>SEO対策講座</h1>
</body>
</html>

[4] strongタグ
strongタグは太字にする際に使用するタグですが、検索エンジンでも重要なタグとして認識されます。
このタグにも適度にキーワードを埋め込むと効果があります。

【記述例】
<html>
<head>
<title>3939解析</title>
</head>
<body>
・・・
<strong>SEO対策講座</strong>
</body>
</html>



⇒「外部リンクの獲得」へ進む